• スマートハウスとは?

IT(情報技術)を使うことで”家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅”。
具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、【CO2排出の削減を実現する省エネ住宅】のことを指します。
スマートハウスに関係した機器は様々なものがあります。大きく分類すると「省エネ機器」「創エネ機器」「蓄エネ機器」の3つに分類されます。

  • オール電化【省エネ機器】

オール電化とは従来ガスや灯油などで賄っていたエネルギーを【全て電気に一本化】する事を指します。
オール電化にすると、それまでかかっていた「ガスの基本料金」と「電気の基本料金」の二つが、「電気の基本料金」一つだけになります。
さらにオール電化の料金プランは、深夜の電気料金がとても安く利用できるように設定されています。
オール電化住宅に設置されているエコキュート・電気温水器などは、その安い深夜電力を利用して、夜の間に日中に利用するためのお湯を沸かしておくことができ、お湯を沸かす時の熱を安い深夜料金で作ることができるため、光熱費を安く抑えることができ、経済的です。

  • 太陽光発電【創エネ機器】

太陽光発電は屋根などに太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。
災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができる、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。

太陽の光エネルギーを吸収して電気に変える【1.太陽電池モジュール】で太陽の光から電気をつくり、太陽電池で発電した電気を、
【2.パワーコンディショナー】と接続箱で集めて、実際に家庭で使用できる電力に変換します。
【3.分電盤】を通って家中に電気を送ります。発電が少ないときは、電力会社より電力を購入、発電量が多くて使いきれない時は電力会社へ売ることができます。
【4.買電メーター・売電メーター】の2つのメーターで自動的にその区別を行います。

  • 蓄電池【蓄エネ機器】

蓄電池とは電気を蓄える事が出来る家庭用の充電器の役割を担います。必要な時に必要な分だけ蓄えた電気を使う事ができ、近年は防災意識の高まりもあり注目を集めています。

太陽光発電と相性が非常によく、太陽光で電気を作り出し蓄電池に貯めて、効率よく使う「スマートハウス」の中核をなすシステムとして、今後売電終了と共に普及が進んでいくと考えられています。

  • HEMS

HEMSとは、【Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)】の略で、家中で使う家電などを使用している電力をモニターなどで「見える化」するシステムのことです。

またスマートフォンなどからエアコンや照明などの電気機器の電源をON・OFFしたり、お風呂の自動湯はりなどといった制御も遠隔で可能になる優れものです。